現駅員の「人生一回限り」

趣味のいろいろ、日常のこと、書いていきます。

経験をお金で買うということ

こんばんは。

 

海外旅行から帰ってきて、写真や考えを整理しているところです。

 

まだ、ブログも書き終わっていないですしね。

 

今回の旅行は

 

友人との企画から始まったのですが

 

 

 

そもそも当時は友人ですらなかったんですね。

 

もともと、彼は美容室で美容師をしていて

 

私はそこの客でしかなかったわけです。

 

最初出会ったのは2年前くらいだっけな。。。

 

いつも切ってもらってる人の枠が空いていなくて、

 

それでも早めに切って欲しいと思ったから

 

その時間空いていた彼を指名し、髪を切ってもらったのが最初でした。

 

そして髪を切ってもらっている時、

 

雑談をしました。

 

よくある光景ですね〜。

 

その中で、私は彼の考えに非常に感銘を受けました。

 

 

 

 

まず、家にはテレビを置かないこと。

 

なぜなら話す人の情報を聞けるから。

まあもちろん、客が知っている話を自分は知らない

 

という状況に置かれるわけですが

 

基本的に人は話したがりなので、

聞くスキルさえあればガンガン客は話すわけです。

 

話を聞いて、自分で調べ、考えるという行動を常にしている。

 

美容師でもあり、経営者でもあるので、

 

常に学び続ける姿勢があるので感動しましたね。

 

私は美容室をあまり一つの場所に決めないで転々としていたのですけど

 

失礼ながら、ウッスーイ話ばかりだったので

(私のせいもあるのでしょうが)

 

その場では雑談で髪切るまでに乗り切るための話であって

 

感動することは全くなかったんですね。

 

それを彼はぶち壊してくれたのです。

 

そんな彼は、投資もしていて、

 

経済や政治なども学んだりして、深い考察をしているので私にとって、

 

尊敬の対象となりました。

 

そんな美容師の友人は

 

色々旅行が好きで、私と旅行する前には一人で

 

モスクワ、サンクトペテルブルクリヴィウ

 

旅行へ行っていました。

 

その場で、その国の人と遊び

 

また、その中である国に対してどう思うか、とか

 

今の世界の状況について話したりとしていました。

 

 

 

 

 

私も漠然と海外行きたいな〜なんて話をしていたら、

 

一緒に行きますか。との返答がありました。

 

そこからどんどん話が進んで行き

 

トルコと、ウクライナに旅行に行くというスケジュールがたったんですね。

 

 

今、この二つの国に旅行をして非常に良かったと感じています。

 

トルコは正直オスマン帝国だったという認識くらいしかなく

 

あとはアサシンクリードに出てきたから、それから学んだ知識があるという程度。

 

ウクライナについては、美人がめちゃくちゃ多い国だという認識しかなかったですからね。

 

そして行く事が決まって、

 

各国の歴史について調べて深く世界史を知る事ができましたし

 

現地に到着してから、色々な場所を巡ることもできました。

(そのことは追々書きます)

 

また、その国の人たちと話す事で自分の立ち位置も明確になってきたと思います。

 

すんごいスペックの人たちが世の中にはいるんだなあ。。。。と。。。

 

もう30にもなるので、非常に遅いスタートなのですが

 

この経験がなければ、自分の理想とするものは漠然としたままだったのではないかと思います。

 

友人には非常に感謝です。

 

これからもどんどん旅行へ行って、経験していこうと思います。

 

お金貯めないとね〜。