現駅員の「人生一回限り」

趣味のいろいろ、日常のこと、書いていきます。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

こんばんはー。
 
Huluで見られるようになっていたのでみてみました。
 
 

 

始まり

 
映画の始まりは漫画と同じですね。
 
巨人に侵攻されたから壁を作り百年間守られてきた。
 
本編が始まり本郷奏多さん演じるアルミンが
 
エレンを探しに行くところから始まります。
 
その途中で水原希子さん演じるミカサと合流し
 
丘の上で、大きい不発弾の上に立っている
 
三浦春馬さん演じるエレンとも合流。
 
すでにこの時点でB級映画臭が出ています。
 
出演者は豪華なんですけどねえ。。。
 
エレンはアルミンに将来の夢を聞くと
 
アルミンは機械を作りたいと、
 
ミカサは言葉に詰まります。
 
まあきっとエレンの嫁さんに〜って感じなんでしょうね。
 
 
エレンが語り始めます。
 
田舎にいる人間が、都会に行きたがっているように見えます。。。
 
「壁の中にいて死んで、それでいいのか!?」
 

守ってくれている壁

 
3人は巨人から守ってくれている壁を間近で見に行き、
 
エレンは壁の向こうへ行こうと言います。
 
それに対して答えるアルミンは
 
「登って向こう行ったら死刑だよ。」
 
壁の近くにいるところが兵団に見つかり一悶着
 
ミカサめっちゃ弱い。。。
 
その諍いを治めるようにピエール瀧さんがやってきます。
 
そして話をし終わったところでとてつもない大きさの地割れ
 
大型の巨人が壁の上から顔を出してきました。
 
マジで迫力がない。
 
見たことのないクソでかい化け物がいきなり顔を出したら
 
ションベンちびりそうなもんですけどね。
 
死を覚悟するレベルですよ。
 
そして大型の巨人は壁を破ります。
 
蹴っ飛ばした壁の破片が街をボコスカ襲っていきます。
 
そしてその後も様々な巨人が壁の向こうからやってくる。
 
それに対して大砲で攻撃に出る兵団
 
 
巨人本当に色々なのがいますが、どうにも不気味さが出ないんだよなあ。。。
 
アンガールズの田中さんみたいなのもいれば
 
FUJIWARAの原西さんみたいなのもいるし。
 
ロッチの中岡さんみたいなのもいるし。
 
なんとか避難しようと逃げるエレンとミカサ
 
途中、倒れ込んでいる女性を助けに行くエレン
 
ミカサは赤子が地面に放り出されているのを見て助けに行きます
 
そこで2人は分断され、避難しようとする人の流れに逆らえず
 
エレンは避難所へ、ミカサは外にいたまま
 
そこに巨人がやってきます
 
ミカサは腰が抜けたのか逃げる素振りも見せず。。。
 
大きな音とともにミカサの姿は消えてしまう。
 
 

そして2年後

 
エレンやアルミンは調査兵団らしきものに入団
 
配給をもらっている中、落ちぶれたピエール瀧さんと会います
 
相田さんという役だったんだなあ。
 
3人で話をしている中、桜庭ななみさんが演じるサシャが
 
飯はまだかと出張ってきます。
 
シーンは変わりこれからの作戦について話すアルミン
 
空いた穴を爆薬で塞いで、巨人の進行を止めようって話ですね。
 
そんな話をしている時
 
ジャンが口を挟んできます。相変わらず小物くさい。
 
 
 
石原さとみさん演じるハンジさん、これが一番いい役かもしれない。
 
声がすごく良い。原作のに一番似てるのでは。
 
 
てか出演者、岡田さんが出演していたドラマ、SPの2人もいるんですね。
 
身長高い冷静な役を演じていた神尾佑さんと
食いしん坊役の松尾諭さん。
 
ハンジがひたすらかっこいい。
 
 
てかマジでミカサがいない。。。大丈夫なのかこの映画
 
死んじゃったのかなあ。。。
 
 

2年前、進行された壁の方へ

 
夜、調査兵団が壁の向こうへ行き、2年前に壊された壁を閉じてから
 
残った巨人を殲滅するという作戦を実行するため
 
出撃する。
 
行った先には牛が。。。巨人は人しか食べないのって同じなのかな。
 
子供の泣き声がするっていうことでサシャとエレンが声のする方へ向かいます
 
子供は子供なんですけど
 
巨人の子供でした。そういえば原作では見たことなかったかもなあ
 
 
その巨人の子供に驚いた2人は大声を出して巨人を起こしてしまいます。
 
巨人の咆哮に怯える隊員たちに対して
 
隊長が落ち着けっていうんですけど、普通に隊長食われてるやんけ!!
 
しかしなんだこの映画は。。。
 
松尾諭さん、巨人を投げるし。そんなことできるんかいな。
 
絶体絶命のピンチに
 
原作で言うところのリヴァイのような強い人物達が現れます
 
長谷川博己さん演じる、シキシマ隊長というそう。
 
もう1人はなんとミカサ。。。。
 
生きてんのかーい!!!!まあ死ぬわけにもいかないか。
 
てかあそこからどうやって生き延びたんだとは思うけれども
 
 
 
なんかなー
全体的に陳腐な作品に見えてしまう
 
シキシマ隊長がエレンに
 
本当の敵は人間じゃない、安全だと言い放ち
 
狼を恐れ柵の内側にいるやつをなんと呼ぶか。なんて問いかけをしていますけど
いやあ。。。
 
あと今作はミカサはエレンにべったりではなくて、
 
距離感がありますね。
 
むしろミカサは映画で出るシキシマ隊長に好意があるように見えますね〜。
 
 
話は変わってまた巨人に襲われるんですけど、
 
その中で壁をぶっ壊して崩すための爆薬がどうでも良いところで爆発します。
 
計画は失敗かなあ。
 
エレンは巨人を一体倒すものの、油断して片足食べられ
 
アルミンはジャンを助けたあと巨人に捕まり絶体絶命
 
食べられそうなアルミンをエレンが助けて、代わりに巨人に食べられてしまうエレン
 
確かここは原作でもありましたよね。
 
映画では無駄に?胃の中の描写がありますƪ(˘⌣˘)ʃ
 

そしてやはりエレンの巨人化

 
映画ならでは?で面白いのが
周りの巨人、めっちゃ驚いてるっぽいことですかね
 
ワンパンで敵の巨人倒してるのすげえ。。。ここだけ迫力ありますね。
 
映画でよかったのが巨人同士の戦いと、
 
石原さとみさんの演技かなってくらいでした。
 
10点中2点かな。
 
もう観なくて良いですし、人にオススメもできないっすね。。。