現駅員の「人生一回限り」

趣味のいろいろ、日常のこと、書いていきます。

ジュラシックワールド炎の王国を観てきました。ネタバレあり

こんばんは。

 

今日も仕事が休みだったので

 

ジュラシックワールド 炎の王国』を会社の後輩と観てきました。

 

 

 

 

感想としては結構おもしろかったですねー

 

★★★★(5点中4点)って感じです。

 

ただあまりに恐竜がリアルから離れている(リアル知らないけど)のではないかと思うシーンもありました。

 

 

窓の鍵をそ〜っと爪であけたり。

 

恐竜半端ないって!

 

そんなんできひんやん普通!できるんならいっといてや!(すでにこの名言のシーズンもすぎたか。。。)

 

 

ジュラシック ワールド

 

ということでまさに次は世界が舞台になりますね。

 

前作から続いている

 

恐竜のいた島が噴火してしまい、飛ぶことのできない恐竜や、陸地のみの恐竜が溶岩に飲み込まれていく様は、本当にあったんだろうなあ。

 

前作は島というワールドが舞台でしたが

 

今作は島から、人間の生活するワールドへ移行したので

 

次回は全世界が舞台なのかもしれませんね〜。

 

最後の最後、恐竜vsライオンのシーンあったけど

 

あのサイズ差だと、ライオンなんてワンパンでしょ。。。

 

像と中型犬くらいの差あったし。吠えてる場合じゃねーから逃げろライオン

 

クローンとして作られた恐竜を

クローンとして生まれた人間が、

 

彼らにも生きる権利があるといって、逃がすのは

 

前向きに生きようという決意なんだろうなあ。

 

しかしまー総じてヒロインのクレアが私は大嫌いです。

 

ドラゴンボールでいうなら、戦う能力のない悟空みたいなもんですよ。

 

オラワクワクすっぞっていっておきながら戦いは他の人に任せるみたいな

 

前作であんだけの被害を出しておいて、

 

今もなお恐竜ちゃんたち保護するんでちゅ〜みたいなこと言ってるわけですからね。

 

生み出した奴らが悪いわけだけどあんなんぶっ殺すしかねーだろ。。。

 

お前のエゴでどんだけの人が死んで、これからも死ぬんだろうなーって感じ

 

最後の最後で、彼女は恐竜を外へは出さないという賢明な判断をしたわけですけど

(つまり別の誰かが外へ恐竜を出しちゃいますね)

それを差し引いてもこのクソバカ女は頭がいかれてるんじゃねーのかと思うことばかりでした。